テーブルクロスを取り付ける

こちらでは、製作いただいたテーブルクロスの取り付けについてご紹介して参ります。展示会や説明会などのイベントにおいても、クロスにシワができていたり、企業名などの印刷部分が斜めになってしまったりしていては、格好がつきません。取り付けられる前に、今一度ご確認いただけますと幸いでございます。

画鋲やピンなどでくくる

最も簡単で格安な古典的手法です。画鋲やピンをご用意いただき、テーブルサイズに応じて等間隔で針を打っていきます。作業も容易ですが、最大の難点はやはりテーブルやテーブルクロスに穴を開けてしまう点です。また、当然ではありますが、画鋲やピンを刺すことができない固い材質のテーブルにはご利用いただけません。

テーブルクロスをストッパーでつける

テーブルクロス留め専用のストッパーが、ネット通販などで、数十円~数百円程度という販売価格で通販サイトにて販売されております。クリップのようにテーブルクロスを挟みこむタイプですので、テーブルの天板の厚みに応じて、お好きなデザインのものをご購入いただけますと幸いでございます。メリットはテーブルやクロスに穴を開けずに済む点が挙げられます。なお、完全にボックス型のテーブルですと、挟み込める箇所がないため、当然お使いいただけません。

テーブルクロスを重い物で留め置く

テーブルクロスの四つ角にクリップなどを利用して、均等に重しを取り付ける方法もございます。クロス全体がピンと張りますので、見た目にも美しい固定方法です。こちらも、ホームセンターやネット通販サイトなどで入手することが可能です。また、リボンおよび重し(布と砂があればそれでも問題ありません。)があれば簡単に制作できます。テーブルクロスと同系色の生地で作成したり、お好きなプリントが施された生地で重しを包んでみたり、工夫を愉しんでいただけますと幸いでございます。

お急ぎの方は0120-17-5151

用途について
展示会・イベント用
飲食関係用
仕立てについて
テーブルクロスのオリジナル制作について
テーブルクロスについて
当店について