お手入れ方法をご紹介

せっかく作ったテーブルクロスですから出来れば綺麗に使用したい物ですが、机に汚れはつきものであります。そこで、テーブルクロスのお手入れ方法をまとめてみました。正しいメンテナンスで一枚を少しでも長くご利用いただければ幸いです。

●食べ物カス等なら「ダストパン」で

パンくずなど、食事後に発生しやすい細かなゴミを取り除く為に毎度洗濯していては大変ですし、生地自体にも負担をかけやすい為に推奨できません。そこで、多くのレストランや飲食物を展示する展示会や説明会等にてお客様が食事を終えた後の掃除アイテムとして活用されている「ダストパン」のご利用をおススメ致します。

【ダストパンとは?】
ダストパンとは、いわゆる塵取りの事で、卓上で活用しても違和感のない金属や木で作られた小型の物が一般的です。是非、飲食店や展示会、説明会の会場で活用される時にはこのダストパンでのお手入れもご検討してみてくださいませ。

●テーブルクロス洗濯前に

ダストパンで取り除けるのは表面に散らばったゴミであり、テーブルクロスの布へ染みこんでしまった汚れに関しては取り除く事が出来ません。しかし、ちょっとした一つのシミで、テーブルクロス全てを洗濯してしまうのは面倒であるかと思います。そんな時には、生地表面に薄い中性洗剤を汚れ部分に垂らしてスポンジやタオルなどで拭きとってあげると取れる可能性があります。綺麗になったら、水で確実に洗剤を落とすようお願い致します。指定した印刷色が変化してしまったり、食事等をされるのならば、混入等にもなりかねません。

●テーブルクロスを洗濯する

ここまで書いてきたお手入れでは対応出来ない様な、全体の汚れ等には洗濯してしまう事で対処できます。洗濯をされる際に使う洗剤は、プリントの色が薄れてしまわぬように「漂白剤」「蛍光剤」の入った物のご利用は避けて頂いた方が良いかと思います。水はなるべく多めに使い、他の洗濯物と一緒に洗濯する事で起きる「摩擦による色やインクの剥がれ」や「色移り」などを避ける為にテーブルクロス単体で洗濯すると良さそうです。干す時には、シワにならないようにピンと張ってから、生地を4つ折りにしてハンガーに掛けるなどすると、専門店販売生地への負担が少ない為により一層長持ちにご利用いただけます。

お急ぎの方は0120-17-5151

用途について
展示会・イベント用
飲食関係用
仕立てについて
テーブルクロスのオリジナル制作について
テーブルクロスについて
当店について