掛け方に一工夫

テーブルクロスは、防汚や撥水加工などが施されるためインテリア用のものと比較すれば非常にシンプルで業務用の仕立てです。しかし、業務用テーブルクロスといえど掛け方の基本はインテリア用と変わりません。イベント会場や説明会、式典、セミナーなどで制作される際は、掛け方にも一工夫して他と差をつけてみては如何でしょう。

●サイズ違いのテーブルクロスをトップクロス代わりに

メインで使うテーブルクロスよりも小さめのものをダブルで掛けます。テーブルクロスの角をずらすようにして掛けるのがコツです。2枚の色合いにコントラストを付けると、説明会などで使用されるテーブルクロス1枚の時より大分雰囲気が変わります。

●テーブルへの掛け方

周囲縫製仕立てで制作されたテーブルクロスであれば、丸テーブルに掛けることができます。四隅のヒダ長めになるので華やかな立食パーティーから説明会までお使い頂けます。

●テーブルランナーを使った掛け方

正式には一番下にフランネルのクロスを敷いたり、丈はテーブルの脚が隠れるくらいまでのものにするなどの形式が存在します。しかし、そこは利便性に特化したテーブルクロス。気負わずに、テーブルランナーを使ったテーブルクロスのアレンジ方法をお楽しみ下さい。

【テーブルランナーとは?】
そもそもテーブルランナーとは、細長い帯状のテーブルクロスで天板の中央に走るように掛けられるもの。テーブル全体が引き締まった印象になります。さらに、テーブルクロスの生地が重なる分、表面に重い物を置いても傷が付きにくくなります。
【テーブルランナーによるアレンジ】
一度きりのイベントで使用したテーブルクロスも、テーブルランナーでアレンジすることにより別の場面にも使用出来るようになります。例えば社内パーティーやセミナーの立食や受付用に使用する際は、イベント名を隠すようにテーブルクロスの上にさらにテーブルランナーを敷いてしまえば良いのです。テーブルクロスをダブルで重ねることで高級な雰囲気も添えられ、色柄による様々な組み合わせを楽しむ事ができます。

お急ぎの方は0120-17-5151

用途について
展示会・イベント用
飲食関係用
仕立てについて
テーブルクロスのオリジナル制作について
テーブルクロスについて
当店について