テーブルクロスのプリント印刷方法一例

下記には、テーブルクロスをオーダーする際に大変重要な部分となるプリントや印刷方法の一例をご紹介させていただきます。

テーブルクロスに関するご不明点などは、お電話やメール(info@lafriendly.net)にてお気軽にお問い合わせ下さい。

昇華転写印刷

化学繊維やビニール素材で用いられる手法でございまして、「フルカラーでの染め」の印刷方法だと思っていただけると分り易いかと思います。基本的な仕組みとしてはインクジェットプリンタとほとんど同じでございます。分散染料をインクを用いて一度転写紙にオーダープリントした後に、その印刷済みの転写紙と無地のテーブルクロス生地を重ね合わせて熱ローラーで熱圧着します。

熱を加えたインクは、色の分子自体が気化して染料インクがテーブルクロス生地の分子と結合する事で染色する仕組みになります。一度紙に印刷してから布へ転写する事でダイレクトインクジェットプリントよりもきめ細かい画質で表現できる印刷方法でございます。

反応染め・本染め

綿素材のテーブルクロスを注文する際に用いられる手法になります。和の趣・高級感をテーブルクロスに持たせるイメージをお持ちでしたらお薦めの本格的な染め方法になります。

液体の染料と反応剤を染み込ませる事によりテーブルクロスの生地自体が化学反応を起こし、素材自体が染色されると言う特徴を持っております。ただ染料で色づいただけでなく生地自体の色が変化する為に色落ちが非常に少ない物になっています。蒸しと洗いの行程を繰り返して色の反応を強めて色をしっかりと出すようにして仕上げにかかります。過去の染めの問題点でもあった洗濯にも強い上に非常に柔らかい風合いのテーブルクロスに仕上がりになります。

なお、防汚・撥水加工をオーダーして頂きますと、展示物に液体を含む説明会などでの利便性がさらに高まります。

ダイレクトプリント(インクジェット)

小ロットのテーブルクロスをオーダーされる際には、こちらのインクジェットプリントがお薦めです。

版を使用せず、御入稿頂きましたデザインを生地に直接印刷する方法でございまして、もちろんフルカラーも手軽に名入れが出来る手法になっております。インクは溶剤系顔料を使用しておりますので仕上がるテーブルクロスの生地感は固いかもしれませんが、太陽光による名前入れ部分の色あせが少なく屋外で使用される様な場合に最適です。

お急ぎの方は0120-17-5151

用途について
展示会・イベント用
飲食関係用
仕立てについて
テーブルクロスのオリジナル制作について
テーブルクロスについて
当店について