テーブルクロスの用語集

テトロントロピカル
ポリエステル系の生地で、のぼり旗を製作される際の定番価格生地であるテトロンポンジよりもやや厚みがあります。フルカラー印刷にも対応しており、発色に優れた素材です。
テトロントロマット
テトロントロピカルと同じくポリエステル系のテーブルクロス生地ですが、トロピカルより1.5倍ほど厚みがあります。しっかり感のある丈夫なテーブルクロスをお考えのお客様にお勧めの素材です。
テトロンツイル
ポリエステル系の生地ですが、光沢があり本染めが可能な上質な特注素材です。テーブルクロスに高級感を醸し出したいお客様にお勧めです。
サテン
表面の光沢が最もある、ツルツルとした肌触りの素材です。高級感を出したい場合にお勧めです。
テトロン帆布
綿素材に最も近い肌触りですが、ポリエステル系の生地でございますのでフルカラーにも対応可能である上質な素材となっております。密に編み込まれて製作されている生地でございますので非常に高強度であり長持ちします。
カツラギ綿
綿100%の厚手の素材で、基本的には本染めで染色する生地です。染め上がりがとても綺麗で柔らかい印象を与える仕上げになります。
先染め綿素材
その名の通り、すでに染色された面素材のことを言います。こちらは再度染め直すことができませんが、無地のテーブルクロスとしては最適で、安価で提供することが可能です。また、ロゴマークなどを顔料プリントで表面に印刷することも可能です。
天板
テーブルやキッチンカウンターの一番上に取り付けられている板の事を指しまして、この部分に展示会ならば物を置いたりしますし、イベントのカウンターなどですとパンフレットを渡す等する作業を行ったりします。英語ではTable Top、別名、甲板(こういた)とも呼ばれていまして、サイズを図る場合に重要な部分となります。
昇華転写印刷
インクジェットプリントと同じ方法で特殊なインクを特殊な紙(転写紙)に印刷し、それをテーブルクロスの布地に当てて高熱を与えることで、インクが気体化して生地の分子構造内に色が入り込んで結合する事で名前入れ印刷を実現する方法です。フルカラーのデザインや写真などを印刷したい場合に最適な方法です。
顔料プリント
水やアルコールに溶けない顔料に接着剤を混ぜて繊維に貼り付けて着色する方法です。紫外線などによる変色は起こりにくい方法ですが、摩擦には弱いため洗濯の際は手洗いをお勧めしています。
CMYK
CMYKカラーとは、シアン、マゼンダ、イエロー、キーカラー(ブラック)の4色の色構成を指します。この4色を組み合わせる事によって、メタリックや蛍光色などを除いたカラーリングにて再現する事ができます。色の三原色と言われる3つのカラーでも多彩なカラーを作りだす事は出来ますが、濃いブラックの再現が難しかったために、黒を加えた4色となっていて、コントラストの強いメリハリのある印刷が可能となっております。
ポリエステル
生地としては、軽量かつ安価に製作が可能であり、なおかつ洗濯機等でも洗う事が出来て、シワも出来にくいと言った特徴から大人気の素材となっております。生地の名前にテトロン○○と記載されている物がございますが、これらは、どれもこのポリエステルの素材で作成されております。
DICカラー
旧「大日本インク化学工業」、現在で言う「DICグラフィックス株式会社」が発刊している色見本帳の事です。このDICカラーガイドのカラーナンバーを使い、配色をご指定頂く事が出来ます。こだわりのデザインである場合や、特にカンパニーカラーにて作成する様な場合にコチラのDICカラーにて指定されることが多いです。
繻子(しゅす)織り
三原織組織の一つで、特殊な編み方によって縦もしくは横のどちらか一方の糸を多く表に出す事で生地が美しい光沢を放ちます。平織りなどに比べると摩擦には弱いものの、ポリエステルのサテンはコート等の裏地などに使われるなど、ある程度の耐久性を持っておりますし、他の生地には代えられない高級感を演出するテーブルクロスを製作する事が出来ます。
綾織り
三原組織の一つと呼ばれ、経糸が緯糸の上を2本、緯糸の下を1本通る事で、交差されて織られます。生地に表れる模様が斜めのラインであると言う事から斜文織。また、英語ではツイルと呼ばれる織り方となっております。

お急ぎの方は0120-17-5151

用途について
展示会・イベント用
飲食関係用
仕立てについて
テーブルクロスのオリジナル制作について
テーブルクロスについて
当店について